記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【単体考察】陽気メガリザードンX





種族値
78-84-78-109-85-100
78-130-111-130-85-100(メガ後)
タイプ 炎→炎/竜
特性 硬い爪

□はじめに

今回はメガリザードンXの考察をしていきたいと思います。
リザードンといえば、全く型の異なるXとYの2種類のメガ進化を持っており、厄介な存在だと思います。
個人的にはXがかっこよくて好きですね。




メガ進化後はAとBが大幅に伸びています。
物理技の威力1.3倍の特性硬い爪もあり、A130族ですが、火力はかなり出ます。
ドラゴン、炎の技範囲も非常に優秀です。


シングルレートでは性格が意地っ張りでS調整をしたリザードンXが多いですが、シーズン12現在はスカガブがとても多く、準速ガブを抜ける陽気の方が使いやすいです。


陽気だとスカーフ持ちで止められるということはほとんどないです。
最速スカガブは見たことないので(笑)。


今回は、リザXのメジャーな型のうちのニトチャ剣舞型と竜舞型の考察となります。





□調整案
特性 猛火→硬い爪
性格 陽気
実数値 159-136-101-*-106-158
159-172-134-*-106-158(メガ後)
努力値 H44A252B20D4S188
技構成①ニトチャ剣舞型
逆鱗、フレアドライブ、剣の舞、ニトロチャージ

技構成②竜舞型
逆鱗orドラゴンクロー、フレアドライブ、竜の舞+α
候補技
地震、雷パンチ、羽休め

□調整先
H
16n-1

H-B
メガ後陽気メガガルーラ捨て身確定耐え。
大体の等倍物理は耐えられる。

S
最速91族抜き。(準速105族抜き。)
S1↑後最速スカーフランドロス抜き。
最速スカーフランドロスは数が少ないが、安定して見るためにSラインをここまで確保。
この辺は激戦区のため、抜いておいて損はないかと。
ここまで振らなくてもいいと思う場合は、S164振り(準速ガブ抜き)にして、余りはBかD。



□技
①ニトチャ剣舞型
テンプレ技構成。

②竜舞型
ドラゴン技+フレアドライブ+竜の舞までは確定。
余った1枠は候補技からパーティに合わせて選択。
地震→対ヒードラン。
雷パンチ→対ギャラドス、マリルリ。



□立ち回り

① ニトチャ剣舞型

積むまでに2ターンかかりますが、積んでしまえばほぼ3タテできます。
抜き性能は断然ニトチャ剣舞型がずば抜けてます。
相手のパーティのSが遅めであれば、剣舞だけでも全抜きできることもあります。


ですが、相手も簡単には積ませてくれないので、起点作成のためにカバルドン、ラグラージや壁貼り要因と組ませてあげると、グッと積みやすくなります。


積む順番ですが、基本的にはニトチャでSを上げてから剣の舞という流れになります。
これはガブリアスの後出しを許さないようにするためです。
相手の選出によっても変わるので、ここは臨機応変にといった所です。



② 竜舞型

こちらは竜の舞を採用しているため、瞬間火力は出せませんが、1ターンでAとSを同時に上げることができます。


リザX以外の2体でサイクルを回して、削れた所に死に出しし、全抜きを狙う形になるかと思います。







□個別対策
リザXで厳しいなと感じたポケモンについて少しだけですが、書いていきます。



対マリルリ




マリルリはリザXの苦手なポケモンの筆頭ですね。
リザXでの突破は雷パンチを採用しないと無理です。
よくリザXに対して後出しされるので、対策は必須です。
パーティに腹太鼓後のマリルリを止められるポケモンを入れることで対策できます。
例)メガフシギバナ、サンダーなど


もし、上記のポケモンがいない状態でマリルリ対面になった場合は、フレアドライブで削ることをおすすめします。
まず、間違いなく腹太鼓をしてくるからです。


次ターンでアクアジェットを打ってくるので、ゴツメ持ちを後投げして、削りを入れられたりします。
この流れでかなり削れるので、なんとか処理出来ると思います。



対ランドロス





スカーフ、ゴツメ持ちが後出しされることが多いです。
裏にランドロスがいそうだなと思ったら、ランドロス投げを予想して、積み技ではなくフレアドライブで削ることを狙います。
そこで、型を判別することもできます。


スカーフランドロスは威嚇を入れても、2回目のサイクルを回すことはできませんので、次は後出しされることがありません。
安心して積むことが出来ると思います。
この辺を意識して最速ランドロス抜きにSを調整しています。



対クレセリア




電磁波を入れられてしまいますが、突破は可能です。
ただ、リザXの役割対象とは言いがたいので、裏のポケモンで起点にしましょう。
リザXに対して、クレセリアの8割は電磁波から入ってきますので、電磁波の効かないポケモンをオススメします。


対ガブリアス





S1↑でほとんどすべてのガブリアスを抜けるので、正直初手対面じゃないかぎり、処理を困ったことはなかったです。
S1↑の対面を作れるように立ち回ることがかなり重要です。
リザードンのいるパーティに出てくる初手のガブリアスはステロガブが多いので、襷も貫通できるマンムーはステロガブリアス対策に適任かなと思います。


対ヒードラン



大地の力、原始の力を持っていないヒードランは剣の舞からの逆鱗でごり押しできます。
最近は、炎技1ウェポンのヒードランが多いので、突破することは可能です。
ただ、逆鱗固定で突破してしまい、相手の起点になることには注意が必要です。
また、地震を採用すると処理速度を早めることができます。


リザXが動かしづらいと感じたのは主に上記のポケモンでした。
技構成などによっては、突破は可能ですので、パーティと相談して決めてほしいと思います。



□ダメ計

<火力>
フレアドライブor逆鱗
H4霊獣ランドロス(威嚇込み)
58.7%~69.6%
HB特化クレセリア
37.4%~44.9%
H4メガガルーラ
74.5%~87.8%
H252マリルリ
38.6%~45.4%

雷パンチ
H252マリルリ
64.7%~76.3%
HB特化ギャラドス(威嚇込み)
61.3%~73.2%

地震
H212B4ヒードラン
113.9%~134.7%


<耐久>
性格補正なしA252メガガルーラの捨て身タックル
83.6%~99.3%
C特化ギルガルドのシャドーボール+A4影打ち
59.1%~70.4% + 18.8%~22.6%



□最後に
今回は陽気メガリザードンXについての考察でした。
個人的に好きなポケモンの1体なので、是非活躍させてあげてほしいなと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっしー。。。

Author:こっしー。。。
どうもこっしーという者です。
「威張るは礼儀」とありますが、タイトル詐欺です(笑)
レートで運ゲーは絶対にしない派です。
ポケモンにわか勢ですが、シングルレート2000を目指して、精進していきたいと思います。
基本はシングル、たまにダブル記事を週に1回ペースであげていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。