記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【単体考察】意地っ張りゴツメマンムー





□種族値 110-130-80-70-60-80
□タイプ 氷/地面
□特性 鈍感/雪隠れ/厚い脂肪(夢)


□はじめに


今回は意地っ張りゴツメマンムーの調整となります。

他の方の育成論を見ると腕白HBベースが多いですが、物理火力のインフレ、数値的に後出しはできない、耐久調整したときに実数値が腕白よりも意地っ張りの方が高くなったという点から性格は意地っ張りとしました。



また、この型のマンムーの特徴はHBに厚くしているため、氷4倍弱点の物理ポケモンのランドロス、ガブリアス、カイリューといったところに対面から確実に勝つことができる点です。


ただ、それと引き換えにD方面に薄くなるので、電気タイプへの役割が持てない時があります。
電気タイプ、特殊方面への役割を意識する場合は、チョッキを持たせることをおすすめします。
チョッキマンムー調整


それでは、考察の方に入っていきたいと思います。


□調整案
性格 意地っ張り
特性 厚い脂肪
実数値
207-187-119-*-84-101
努力値
H172A156B148D28S4
確定技
地震、氷柱針、氷の礫
候補技
ステルスロック、どくどく、岩石封じetc.


□調整先
HP
16n-1

B
意地っ張りA252鉢巻カイリューの逆鱗確定耐え。
陽気ガブリアスの地震2耐え。

S
無振り80族抜き。

A
余りぶっぱ。

D
眼鏡ライコウのシャドーボール高乱数2耐え。

□調整意図

物理竜に対して、対面から役割を確実に遂行するために、HBはカイリューの鉢巻逆鱗耐えまで振りました。

これ以上耐久に振って、後出しから物理竜を狩れるようにすることも可能ですが、鉢巻持ちに対して安定せず、マンムーの数値的にもこのくらいの耐久ラインが妥当と判断しました。

また、HDラインはライコウのシャドボ高乱数2耐えまで振ったので、D↓を引かなければ、後出しを安定させることができます。

耐久に振った後に、余った努力値はAに振りました。
Sに割くのもありかと思いますが、この辺のSは激戦区であり、かつ役割対象を考慮すると、4振りで十分だと思います。



□立ち回り

先発or電気、氷技に後出しが基本的な運用になるかと思います。


この型の特徴として、後述する対ガルーラ性能によって先発に出すことがかなり安定します。


先発の場合はガブリアス、ランドロス、カイリュー、カバルドン、ボーマンダあたりに有利に立ち回れます。


対ガブリアス、カイリュー、ボーマンダには氷柱針から入ります。
交換読みどくどくorステロもいいと思います。


対ランドロスは蜻蛉返りしてくることが多いので、氷の礫orどくどくorステロから入ります。
スカーフランドロスだと礫2回で縛れるので、蜻蛉返りから入ってくれると、アドが取れます。



後出しできる相手としては、草結びor気合玉のないボルトロス、ライコウあたりです。
ただ、眼鏡ライコウは交換読みでシャドーボールを打ってくることが多いです。
霊獣ボルトロスは気合玉があるので、ヒョイしないと厳しいです。



対ガルーラ性能





対面では捨て身タックルから入ってくれると勝つことができ、役割破壊が狙えます。

また、H4ガルーラには
地震+礫+ゴツメ2回or地震+ゴツメ3回
で持っていくことができます。

209ガルーラのグロパンはマジでやめてください(笑)


マンムーに対して猫騙しから入ってくることはまずないので、猫騙しの警戒はしなくて大丈夫だと思います。


本来はガルーラ有利の対面であり、相手が引くことが予想され、無駄にゴツメ持ちに触るとアド損になるため猫騙しから入ることは非常に少ないためです。



以上のように、ガルーラに対してある程度の役割を持つことができます。


多くのガルーラが捨て身タックルから入ってくるので、大体は返り討ちにできます。



対ガブリアス





対面からは急所を引かなければ、全てのガブリアスに勝てます。


ゴツメ+礫で乱数、ゴツメ×2+礫で確実に落とせるので、逆鱗に対しての後出しは確実に相打ち以上に持ち込めます。


また、地震を打たれる対面での後出しはA182ガブリアスなら勝てますが、鉢巻、スカーフには後出しは安定しません。
ですので、ガブリアスに対しては少し削って礫圏内に入れて、縛るという立ち回りが安定すると思います。


□ダメージ計算

<耐久>
意地っ張りA252鉢巻カイリュー
84.0%~99.0%
意地っ張りA252メガガルーラの捨て身タックル
80.1%~95.6%
C146化身ボルトロスの草結び
76.3%~89.8%
臆病C252眼鏡ライコウのシャドーボール
43.4%~51.2% 乱:2発(4.7%)

<火力>

地震
H4メガガルーラ
48.6%~58% 乱:2発(95.7%)
H252盾ギルガルド
75.4%~89.8%


氷の礫
H4B52ランドロス(威嚇込み)
60.6%~72.7%




□さいごに


今回の型のマンムーはBに厚く振り、今までの役割対象であるボルト、ライコウもある程度見ながら、物理ポケモンにも役割を持たせた型となります。


特に、物理竜にはかなり強く出られます。
ゴツメダメで礫の圏内に入れられたりするので、ゴツメとの相性もいいと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっしー。。。

Author:こっしー。。。
どうもこっしーという者です。
「威張るは礼儀」とありますが、タイトル詐欺です(笑)
レートで運ゲーは絶対にしない派です。
ポケモンにわか勢ですが、シングルレート2000を目指して、精進していきたいと思います。
基本はシングル、たまにダブル記事を週に1回ペースであげていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。