記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【単体考察】ABS調整無邪気両刀メガボーマンダ




□はじめに



メガボーマンダを使っているとよくあるのが、先発ガブリアス対面。



相手のスカーフ、鉢巻、襷を考慮すると、結局いつも後続に引いていたので、安定してガブリアスを狩りたいと思い、流星群を採用した個体の調整を考えました。



だいたいのガブリアスは突っ張ってくるので、返り討ちにできます。



竜の舞を採用した積みエースほどの突破力はありませんが、よく受けにくる水ロトム、ボルトロスに流星群は刺さるので、サイクルを有利に進めることができ、使用感はなかなかよかったです。

それでは、考察の方に入っていきたいと思います。


□調整案

特性 威嚇
性格 無邪気
持ち物 ボーマンダナイト
実数値 171-182-169-141-99-184
努力値 H4 A132 B148 C4 S220
確定技
恩返しor捨て身タックル/流星群/地震
候補技
ハイパーボイス/火炎放射/空元気/羽休めetc.



□調整先
H-B
陽気ガブリアス逆鱗(威嚇なし)最高乱数切り耐え。
威嚇込みA特化マリルリじゃれつく+アクアジェット確定耐え。

A
H252盾ギルガルドに地震超高乱数2発。(98%)

C
無振りガブリアスに流星群で確定1発。

S
メガ前準速ガブリアス+8。
メガ後最速ライコウ抜き。



□調整意図



初手対面でメテオガブ以外にはほとんど勝てるように調整しました。

流星群の採用により、通常のAS振りなどでは、鉢巻、スカーフ、襷などを考慮しなければなりませんが、ガブリアスを初手対面で安定して処理できます。



また、性格を無邪気としたのは、特殊氷技はもとから受からないことが多かったので、Dに下降補正をかけました。



Sはメガ後に最速115族抜きまで振りました。


Sに上昇補正をかけているので、はじめは最速にしようと思いましたが、努力値がかつかつだったので、このSラインに調整しました。

ミラーでは準速マンダも多いので、この調整で困ったことはなかったです。



□ダメージ計算
<火力>

□流星群
無振りガブリアス 108.1%~127.8%
慎重H201-D152メガボーマンダ 68.6%~81.5%
図太いH184-D104化身ボルトロス 54.3%~64.1%


□地震
H252盾ギルガルド 49.1%~58.6% 乱:2発(98%)
H252メガクチート 61.1%~72.6%
H220ライコウ 75.6%~89.1%


□捨て身タックル
H252マリルリ 77.2%~91.3%
H252メガゲンガー 82.6%~98.2%


<耐久>
A182陽気ガブリアス逆鱗 85.3%~101.7% 乱:1発(6.3%)
威嚇込みA特化マリルリじゃれつく+アクアジェット、()内はメガ前時。
52.6%~63.1% + 5.8%~7%
(74.8%~88.8%+8.1%~9.9%)



□さいごに


ガブリアスを意識して調整しましたが、受けにくる水ロトム、ボルトロスに流星群で負荷をかけられたということの方が多く、もう少しCに振るのもありかと思いました。


流石の種族値ということもあり、何をやらせても正直強いです。


毒羽、身代わり竜舞、慎重HDなどなどたくさんの型があり、型が読まれないということがかなり大きなメリットになっていると感じました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっしー。。。

Author:こっしー。。。
どうもこっしーという者です。
「威張るは礼儀」とありますが、タイトル詐欺です(笑)
レートで運ゲーは絶対にしない派です。
ポケモンにわか勢ですが、シングルレート2000を目指して、精進していきたいと思います。
基本はシングル、たまにダブル記事を週に1回ペースであげていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。