記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クチガブミトム軸】もっちゃんオフ!ベスト8構築!

□はじめに

今回紹介するのはもっちゃんオフ!でベスト8進出を達成した構築となります。

更新遅れてすみません^^;


(第6回りるおふでは、ドロポン5発中4発外し+択勝ちのじゃれつく外し+つのドリルワンパンマンなどと、不運が重なり、2勝4敗で予選突破はなりませんでした。)

洗濯機解雇ですわ^^;


パーティの構成は以下の6体です。

クチガブミトム軸




タイトルにもある通り、パーティの基本軸となるクチート、ガブリアス、水ロトムを中心とした構築です。


相性補完として、ギルガルド、フシギバナ。
トリル乱舞要因としてクレセリアを入れました。

それでは、個別解説に入っていきます。



□個別解説

メガクチート

mawile-mega[1]



特性 威嚇→力持ち
性格 意地っ張り
実数値
157-150-106-*-75-70
157-172-146-*-115-70 (メガ後)
努力値
H252A252B4
技構成
じゃれつく、叩き落とす、不意打ち、剣の舞


ちょーつよいメガ枠。
ガルーラ、ボーマンダなどの環境トップメタのメガ枠に対面で打ち合える。



型はテンプレHAぶっぱのメガクチートです。
技構成は色んなクチートを使いましたが、これが結論と言ってもいいと思います。


炎の牙を採用している個体が増えてるみたいですが、仮装敵であるナットレイに対しては、剣の舞+叩き落とすで十分ですし、ミラーに対しては、クチートの役割対象ではないので、この技構成がいいと思います。





ガブリアス@拘り鉢巻


ガブリアス



特性 鮫肌
性格 意地っ張り
実数値
183-200-116-*-105-154
努力値
A252 S252 B4


型は意地鉢巻としていますが、この枠は陽気鉢巻にしたり、スカーフにしたりとかなり頻繁に変えています。

オフ会だと受けループ対策は必須だと思ったので、意地鉢でもいいと思いますが、レートで潜るのであれば、スカーフの方が勝率は安定するでしょう。

特に催眠ゲンガーに対しては、スカーフガブリアスじゃないと、処理がかなり苦しかったです。

水ロトム@拘り眼鏡



rotom-wash[1]



特性 浮遊
性格 控えめ
実数値
141-*-128-156-129-136
努力値
H124 B4 C132 D12 S236


Sは最速キノガッサ抜き抜きです。
流行りの耐久ボルトロスを意識して実数値136です。
多くのポケモンが実数値135を調整目安にしており、上からボルトチェンジを打って、サイクルを回すためにここまで振りました。

もっとSラインを下げるのであれば、最速バンギラス抜き(実数値124)にして、余りはHかCに振るのがいいと思います。

他はDL対策にB< Dに振り、余りHにぶっぱしました。

こいつドロポンまじで当てないんで、使えないですが、特性、タイプ、ボルチェンのサイクル性能は非常気に入ってるので、1番選出します(基本的に全試合出す)。





ギルガルド@食べ残し


ギルガルド


特性 バトルスイッチ
性格 臆病
実数値
161-*-170-70-177-123 (シールド)
努力値
H204 D52 S252

技構成
シャドーボール、どくどく、キングシールド、身代わり


補完としてとりあえず入れてみた枠。
受けループにしか出さなかったので、シャドーボールをめざ氷にしてもいいかもしれないです。


ピクシーに対して、TODを仕掛けられたりと選出したときは、きっちりと仕事をこなしてくれたので、かなり頼りになりました。


クレセリア@ゴツゴツメット


cresselia[1]



特性 浮遊
性格 図太い
実数値
227-*-189-95-151-105
努力値
H252 B252 D4

技構成
冷凍ビーム、月の光、トリックルーム、三日月の舞


クチートのサポート用のポケモンです。
クチートが刺さってるパーティに初手クチートで暴れてから、トリル乱舞するのがお仕事。


現環境だとガルーラにも役割を持てず、スイクン、ギルガルド、催眠ゲンガーにひょいひょい起点にされるので、場に1ターンでも出すのが嫌なくらい、弱かったです(笑)。




フシギバナ@フシギバナイト


venusaur-mega[1]



特性 しんりょく→あついしぼう
性格 控えめ
個体値
31-*-31-30-31-30 (めざ炎)
実数値
187-*-116-135-112-115
187-*-155-159-143-115 (メガ後)
努力値
H252 B92 C24 D20 S120
技構成
ヘドロ爆弾、目覚めるパワー炎、ギガドレイン、光合成


素早さは最速50族+3。
このSラインはよく調整の目安としていて、ある程度スイクン、ハッサムを上から殴れ、マリルリに後出しが安定するためです。
めざ炎もあるので、ナットレイ、ハッサムなどの炎4倍弱点に強く出れます。


また、今シーズンのレートはバシャーモ+ポイヒガッサの並びが非常に多かったので、入れてみました。
フシギバナを入れてからは1回も選出されなかったので、選出誘導枠としてはかなり活躍したかなと思います。

レートでは役割対象である、ジャローダ、ボルトロスに毎回いばみがで突破されたので、正直かなり動かしづらかったです。


オフ会では害悪も少なく、仕事はきっちりと果たしてくれた印象でした。


ただ、火力に厚く振ってはいますが、瞑想スイクン、ニンフィアには起点にされるので、それらがいると選出しづらいかなと思いました。




□基本選出
水ロトム+クチート+ガブリアス

このパーティーのコンセプト的な選出。
基本的にこの選出してれば、試合にはなるってくらいに汎用性があって、強い。
水ロトム+ガブリアスの拘り2体で負荷をかけていき、どちらかが倒された時などにクチートを出していき、不意打ちで場を制圧する、もしくは、初手クチートで場を乱し、一貫を作ってから、拘り高火力を押し付けていきます。


この3体の相性補完は非常によく、この3体で霊、格以外の技を半減以下にできます。


また、水ロトムはサブウェポンに多い地震無効のため、逆鱗を誘いやすく、クチートの起点がつくりやすいです。



□対受けループ

水ロトム+ギルガルド+ガブリアス

このパーティに対しての相手の選出はラキグライヤドランなので、、初手は水ロトムから入ります。
相手の初手がグライオンだった場合はほぼ100%守るなので、ガブリアスを投げます。

ヤドランの場合は交代読みハイドロポンプが怖く、グライオン後出しはまずないので、ボルトチェンジでガブリアスを出していきます。

あとは逆鱗ぶっぱで勝ちです。

とにかくヤドランにメガ進化させないことが重要です。


□重いポケモン
ゲンガー、ガルーラ、スイクン、威張る系など。
特にゲンガーの処理が1番きつかったです。

鬼火ゲンガーはまだなんとかなりましたが、催眠ゲンガーはどのポケモンでも上が取れず、結局は相手にワンチャン与えることになりました。

ガルーラはクレセリア、クチートを出せないときに処理がきつく、2体持っていかれることもありました。

スイクンは零度が当たらず、焼けなければ、勝てます。


威張る系は運があれば勝てます。


□さいごに


今回オフ会に参加してみて1番感じたのは、ガルーラスタンの多さでした。

シングルレートでもガルーラは見ますが、他のメガ進化枠も多く見られたので、ガルーラばかりで驚きました。

(個人的にガルーラ使うのが下手すぎて、ガルーラをあまり使ってないからかも。)


なので、オフ会ではシングルレートとはまた違った雰囲気、メタの貼り方があるということを経験する機会を得ることができ、非常に有意義なものになりました。



最後まで読んでいただきありがとうございました。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっしー。。。

Author:こっしー。。。
どうもこっしーという者です。
「威張るは礼儀」とありますが、タイトル詐欺です(笑)
レートで運ゲーは絶対にしない派です。
ポケモンにわか勢ですが、シングルレート2000を目指して、精進していきたいと思います。
基本はシングル、たまにダブル記事を週に1回ペースであげていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。