記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングルレート】交換読みのススメ




※ここでの「交換読み」は相手の交換も考慮して、一貫する技を選択するノーリスクな安定行動ではなく、「居座られるリスクが生じるが、成功すれば、アドを取れる読み」を指すとします。


□はじめに
「交換読みはしないことが1番」です(笑)。
今回のタイトルと矛盾してるようですが、安定行動だけで勝てるのであれば、そっちの方が断然いいですよね。
交換読みは相手に依存するプレイングなので、勝率も落ちます。
ですが、安定行動だけで勝つのは実力が高いレベルになるほど厳しくなるので、勝つために必要なテクニックだとも思います。
また、このテクニックは基本的に「有利対面」で使うものです。



□交換読みの種類
交換読み交換
相手の交換先を読んで、それに対して有利なポケモンを場に出すことです。
交換読み技選択
対面しているポケモンへの有効打ではなく、裏のポケモンへの有効打を選択します。




②はこだわりアイテム持ちであったり、裏のポケモンに交換を許すと、縛られてしまう場合などに使います。



また、①に関しては注意が必要な場合があります。
それは、交換読み交換を決めて、有利対面を作っても、負荷をかけられない場合です。



例えば、
ガブリアス&ジャローダ対クレセドランです。







ガブリアスとヒードランが対面した時に、相手のクレセリアを読んで、ジャローダを出し、有利対面をつくっても、簡単に相手の裏のヒードランに受けられてしまい、負荷を全くかけられません。
こういう場合は交換読み交換をする意味はないと思います。
そもそも、この選出だとサイクル負けしているので、クレセドランを突破することはできません。




□対戦の流れ
交換読みをする上で、対戦の流れは非常に重要なので、序盤、中盤、終盤と簡単に3つに分けてみました。
だいたいは以下の流れかなと思います。



<序盤>
安定行動が多い。
特に初手は素直な行動を
交換読みをしなければならない場合は、選出ミス。



<中盤>
互いに2サイクル目に入り、読み合いをしていく。
安定行動はまだ多い。
相手も交換読みをしてくる可能性もあり。



<終盤>
HPが削れ、勝利に直結する択が生じやすい。
今までの相手の行動を分析して、自分の行動を決めていく必要がある。




□交換読みとリスク
交換読みをするときに考えなければならないことは、「何を得られて、何を失うか」についてです。
特に序盤~中盤にかけてはこの考え方を使います。




例えば、リザードンXとメガヘラクロスが対面した場合を考えるとします。




ここで、相手の交換を読み、剣の舞を積むことが出来れば、かなりのアドになります。
ですが、相手もそれを読んでロクブラを打ってくることも考えられます。



この場面では、「リザXのA2段階上昇」と「リザXを落とされる」の2つを天秤にかけてみます。
確実に後者の方がこちらにとっては痛手ですよね。
ですので、この場面では素直にフレアドライブを打つという思考になると思います。



基本的に読みを外しても、負けに直結せず、リスクの低いときだけ、交換読みをしていくことで、勝率を安定させることができます。




ただ、中盤、終盤の勝敗を左右する択は例外です。
こういう場面はリスクを犯さなければ、勝つことはできませんので、重要な局面を見極めることが大事だと思います。





□交換読みのポイント


早めに仕掛ける。

交換読みが1番成功しやすいのは、序盤~中盤です。(初手は除きます)
1サイクル回すor回し切る前に、相手のポケモンのこちらに対する役割を確認したら、すぐに仕掛けていくと成功しやすいと思います。
選出画面で相手の選出を予想していくことも必要になります。



また、中盤~終盤にかけては択が増えます。
ここがポケモンの醍醐味だと思われますが、相手も警戒しているので、簡単に決めることはできません。
択に関しては、非常にじゃんけん的な要素が強いですが、相手の思考も考慮することで、勝率はグンと上がります。




ド安定行動を読む。


相手にとってのド安定行動はとても読みやすいものです。


例えば、「ボルトロスに対するライコウ投げ」、「バシャーモに対するマリルリ投げ」などです。


これはド安定行動のため、思考停止で行ってくれることが多いです。
ですので、交換読みは決めやすいです。



低火力ポケモンに対して行う。
クレセリア、スイクンなどの火力のない耐久ポケモンの前で交換読みをすることで、失敗したときのリスクを減らすことができます。












他にも、レート帯であったり、相手の選択する技であったりと、考慮しなければならないことはたくさんありますが、基本的にはこんな感じかなと思います。



□最後に

今回の記事は交換読みに関する記事でした。
決めることができれば、対戦をあっさり終わらせることができたりと非常に強力です。


ですが、交換読みはかなりリスクを負うことになるので、多用はしないということも心の片隅に置いておいてほしいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こっしー。。。

Author:こっしー。。。
どうもこっしーという者です。
「威張るは礼儀」とありますが、タイトル詐欺です(笑)
レートで運ゲーは絶対にしない派です。
ポケモンにわか勢ですが、シングルレート2000を目指して、精進していきたいと思います。
基本はシングル、たまにダブル記事を週に1回ペースであげていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。